歴代受賞者

平成27年(2015年)度

SEST学会賞

太田 仁 (神戸大学分子フォトサイエンス研究センター)
「多重極限テラヘルツESRの開発とその量子スピン系研究への応用」

村井 久雄 (札幌医科大学 医療人育成センター)
「光化学反応を電子スピンで観る・操る-新規電子スピン共鳴法の開発とその展開-」

SEST奨励賞

古谷 峻介 (University of Geneva)
「低次元量子磁性体の強磁場物性とESRの理論研究」

松岡 秀人 (The University of Bonn)
「高周波・多次元EPR分光法による光応答性・機能性物質の研究」

安井 博宣 (北海道大学大学院獣医学研究科)
「電子スピン共鳴法を用いたがんの生理機能と放射線応答機構の解明に向けた研究」

山口 博則 (大阪府立大学理学系研究科)
「強磁場多周波電子スピン共鳴法を用いた低次元磁性体の基底状態近傍における定量的研究」

SEST優秀発表賞

安藤 貴洋 (日立製作所研究開発グループ 生産イノベーションセンタ)
「In situ ESR 法を用いたシート状培養細胞診断技術」

山本 悟(大阪市立大院理)
「ESR量子計算における状態操作及びアルゴリズム」


平成26年(2014年)度

SEST学会賞

黒田 新一 (名古屋大学工学研究科・教授)
「電子スピン共鳴法を用いた有機エレクトロニクス材料およびデバイスの研究」

藤井 博匡 (札幌医科大学・教授)
「脳疾患モデルマウスの病態解析を可能とするin vivo EPR イメージング研究」

SEST奨励賞

大島 勇吾 (理化学研究所・専任研究員)
「高周波電子スピン共鳴法を用いた分子性導体及び分子磁性体の研究」

矢後 友暁 (埼玉大学大学院 理学研究科物質化学部門・助教)
「時間分解分光法による励起分子およびラジカル中間体のスピンダイナミクスの研究」

SEST優秀発表賞

長嶋 宏樹 (名古屋大学大学院理学研究科)
「ENDOR Studies on Relationship between the Hydrogen Bonding Network and Ca2+ of the Mn Cluster in Photosystem II」

松岡 悠太(九州大学大学院薬学研究院)
「Develpoment of fluorescent probe for sensitive detection of ascorbic acid」

平成25年(2013年)度

SEST奨励賞

内田 幸明 (大阪大学大学院基礎工学研究科・助教)
「常磁性有機ラジカル液晶の磁性に関する研究 」

三浦 智明 (新潟大学理学部化学科・助教)
「電子スピンダイナミクスの実時間観測による光反応中間体ラジカル対の研究」

安川 圭司 (九州大学大学院薬学研究院・助教/九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点 ネット医療・グループ長)
「磁気共鳴法を用いた消化器系疾患におけるレドックス動態の研究」

SEST優秀発表賞

高橋 広奈 (東京工業大学大学院理工学研究科)
「ニトロキシドによる三重項の消光機構の解明と光によるスピンプローブ法の感度向上」

浅田 瑞枝(名古屋大学大学院理学研究科)
「PELDOR法を用いた光化学系ⅡMnクラスターの初期光活性化Mn2+結合サイトの同定」

伊東 一也(筑波大学陽子線医学利用研究センター)
「休止期がん細胞の放射線抵抗性メカニズムの解明」

榎本 彩乃 (北海道大学大学院情報科学研究科)
「CW-EPRイメージングのためのパラレルイメージング法の開発」


平成24年(2012年)度

SEST学会賞

安西 和紀 (日本薬科大学)
「安定ニトロキシルラジカルを主に用いたESR法の生体応用に関する研究 」

SEST奨励賞

兵藤 文紀 (九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点・准教授/グループ長)
「磁気共鳴法を用いた生体レドックス可視化法の開発と応用 」

古川 貢 (分子科学研究所物質分子科学研究領域・助教)
「有機固体のアドバンスドESRによる機能性解明の研究」

SEST優秀発表賞

内田 幸明 (大阪大学基礎工学研究科)
「超分子キラルニトロオキシド液晶の磁気液晶効果」

杉山 敦史(東京工業大学理工学研究科)
「ESRによる活性酸素O2(1Δg)の時間分解検出感度向上を目指したラジカル-O2(1Δg)ペアの緩和機構の解明」

山崎 俊栄(九州大学薬学研究院)
「2,6位置換ピペリジン系ニトロオキシドを用いた脂質ラジカル検出機構の開発」


平成23年(2011年)度

SEST学会賞

堀 洋 (大阪大学極限量子科学研究センター)
「EPRによるヘムタンパク質の電子状態と機能に関する研究」

尾形 健明 (山形大学大学院理工学研究科)
「生体計測用電子スピン共鳴法の開発と応用に関する研究」

SEST奨励賞

田中 久暁 (名古屋大学大学院工学研究科)
「電子スピン共鳴法による擬一次元金属錯体および導電性高分子における素励起の研究」

SEST優秀発表賞

櫻井康博 (京都工芸繊維大学大学院工芸科)
「流通型-スピントラッピングESR法による酸素由来ラジカルと生体関連分子の反応研究」

藤田 崇仁(大阪大学極限量子科学研究センター)
「S=5/2 カゴメ格子反強磁性体KFe3(OH)6(SO4)2 (K-Fe-jarosite)の強磁場磁性」

武藤 梨沙(名古屋大学大学院理学研究科)
「スピンラベル法による藍色細菌時計タンパク質間相互作用部位の同定と構造変化の解析」


平成22年(2010年)度

SEST学会賞

河野 雅弘 (東北大学未来科学共同研究センター)
「電子スピン共鳴法による生命科学への応用」

SEST奨励賞

大道 英二 (神戸大学大学院理学研究科)
「マイクロカンチレバーを用いた新しい高周波・高磁場電子スピン共鳴法の開発」

鐘本 勝一 (大阪市立大学大学院理学研究科)
「導電性ポリマー中のキャリアに対する電子スピンダイナミクスの研究」

SEST優秀発表賞

脇川 祐介 (新潟大学大学院自然科学研究科)
「一次元光伝導性ヘキサベンゾコロネン自己組織体のキャリア生成における電子受容体効果」

安井 博宣(北海道大学大学院獣医学研究科)
「X線照射後のがん細胞におけるESRオキシメトリーによる酸素消費率を指標としたミトコンドリア機能解析」

平成21年(2009年)度

SEST学会賞

網代 芳民 (理化学研究所・研究嘱託)
「磁気共鳴手段を中心とした低次元磁性体の多角的研究」

手老 省三 (東北大学産学連携推進本部ナノテク融合技術支援センター・特任教授)
「時間分解EPR法によるスピン化学に関する研究」

SEST奨励賞

熊田 高之 (日本原子力研究開発機構先端基礎研究センター・研究副主幹)
「パラ水素マトリックスを用いた高分解能ESR分光法による極低温固相内分子運動と化学反応の研究」

水落 憲和 (筑波大学図書館情報メディア研究科・講師)
「ダイアモンド中の単一NV中心における多量子ビット化とスピンコヒーレンス制御」

大和 真由実 (九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点・准教授)
「脳梗塞モデル動物における脳内レドックス状態の非侵襲解析」

SEST優秀発表賞

岡崎 祥子 (崇城大学薬学部)
「アシル保護ESRプローブによる敗血症モデルマウス体内のレドックス測定」

山口 博則 (大阪大学極限量子科学研究センター)
「強磁場多周波ESRによる三角格子磁性体NiGa_2S_4におけるトポロジカル転移の観測」

平成20年(2008年)度

SEST学会賞

菅原 正 (東京大学大学院総合文化研究科・教授)
「分子間スピン整列―有機強磁性体から磁性・導電性共存系へ―」

渡部 徳子 (青山学院女子短期大学・教授)
「ESR法を中心的手法とした遷移金属錯体の電子状態とその構造,新素材開発に関わる研究」

SEST奨励賞

中西 郁夫 (放射線医学総合研究所・主任研究員)
「電子スピン共鳴(ESR)法を用いた生体関連酸化還元反応機構の解明」

SEST優秀発表賞

兵藤 文紀 (九州大学先端融合医療レドックスナビ研究拠点)
「ニトロキシルプローブを用いたMRIによるレドックスイメージング:脳レドックス画像解析への応用」

三宅 祐輔 (東京工業大学大学院理工学研究科)
「イオン液体中におけるスピンプローブの回転相関時間-異常な粘度依存性-」

清水 裕太 (名古屋大学大学院工学研究科)
「固体パラ水素中におけるH6+とH4D2+の歳差回転運動に対する同位体効果」

神崎 祐貴 (大阪市立大学大学院理学研究科)
「ニトロキシドラジカル系におけるビラジカルパラドックスの解明:溶液中の自己会合で生じる交換相互作用系のESR検出」

平成19年(2007年)度

SEST学会賞

内海 英雄 (九州大学大学院薬学研究院・教授)
「生体磁気共鳴画像解析システムの開発と病態モデルへの展開」

山内 清語 (東北大学多元物質科学研究所・教授)
「電子スピン磁気共鳴法を駆使した電子励起状態の研究」

SEST奨励賞

木村 尚次郎 (大阪大学極限量子科学研究センター・助教)
「60テスラパルスマグネットを用いた強磁場高周波ESR装置の開発及び強磁場ESRを用いた低次元磁性体の研究」

松本 謙一郎 (放射線医学総合研究所・主任研究員)
「ESRスペクトル-空間画像化法を中心とするESR機能画像化法の開発と応用」

丸本 一弘 (筑波大学大学院理数物質科学研究所・准教授)
「電子スピン共鳴を用いた有機デバイスのミクロ特性評価法の開発」

三野 広幸 (名古屋大学大学院理学研究科・准教授)
「光合成光化学II酸素発生系及び電子移動中間体チロシン残基の機能及び構造の研究

SEST優秀発表賞

村田 英則 (東京理科大学理工学部工業化学科)
「Synthesis of Polythophens Substituted with Stable Aminium Radicals and Their Application as a Superoxide Anion Radical Sensor」

岡澤 厚 (電気通信大学大学院電気通信学研究科量子・物質工学専攻)
「Exchange Coupling and Energy-Level Structure of 4f3d Single-Molecule Magnets Determined by High-Frequency EPR」

志賀 拓也 (筑波大学大学院数理物質科学研究科錯体分子化学研究室)
「Syntheses and Magnetism of Chiral Low Dimensional Complexes」

平成18年(2006年)度

SEST学会賞

桑原 幹典 (北海道大学大学院獣医学研究科・教授)
「動物疾病への電子スピン共鳴(ESR)法の適用に関する研究」

山内 淳 (京都大学・名誉教授)
「電子スピン共鳴(ESR)法を用いた素材の構造と揺らぎに関する研究」

SEST奨励賞

石井 和之 (東京大学生産技術研究所・助教授)
「光励起多重項状態の創製と磁気的性質・光反応の制御」

小堀 康博 (静岡大学理学部・助教授)
「光電荷分離状態の電子スピン間相互作用機構の解明」

山田 健一 (九州大学大学院薬学研究院・助教授)
「生体内フリーラジカル反応・酸素濃度変動の無侵襲画像解析」

SEST優秀発表賞

藤沢 真士 (神戸大連携創造 先端研)
「擬一次元反強磁性体Cu2Cl4・H8C4SO2の強磁場ESR測定」

三浦 智明 (静岡大院理工)
「過渡吸収検出ナノ秒磁場スイッチング法を用いた一重項ラジカル対スピンダイナミクスの解析」

伊藤 智博 (山形大学術情報基盤セ)
「磁場勾配変調による磁場焦点法の現状と問題点」

森部 真也 (東北大多元研)
「アントラキノン誘導体の光還元反応に対する時間分解EPR:リポソームとミセルの反応場の影響」

平成17年(2005年)度

SEST学会賞

小澤 俊彦 (東北大学未来科学技術共同センター・客員教授)
「電子スピン共鳴(ESR)法を用いた酸化ストレスに対する生体防御機構に関する研究」

向井 和男 (愛媛大学理学部・名誉教授)
「フリーラジカルの科学:有機磁性体・磁気伝導体の開発からヒトの老化防御機構の解明まで」

SEST奨励賞

押川 正毅 (東京工業大学大学院理工学研究科・助教授)
「低温の1次元量子磁性体およびそのESRの新理論展開」

平山 暁 (筑波大学大学院人間総合科学研究科・講師)
「進行性腎疾患研究におけるESR、特にin vivo ESRの応用研究」

前田 公憲 (オックスフォード大学物理 理論化学研究所・博士研究員)
「ラジカル対における電子スピン操作による反応ダイナミクスの研究」

SEST優秀発表賞

多田 美香 (東北大NICHe)
「PMAおよびミリスチン酸によるヒト顆粒球の酸素ラジカル産生能の比較・検討」

能田 洋平 (京都大院理)
「キラル有機常磁性液晶の液晶セル中での分子配向」

吉田 誠 (神戸大分子フオトセンター)
「有限Haldane鎖のエネルギー微細構造及びその鎖長依存性の強磁場ESRによる直接 観測」

平成16年(2004年)度

SEST学会賞

大矢 博昭 (山形県産業技術振興機構生物ラジカル研究所・副所長)
「生体機能解明のための生物ラジカル計測法に関する研究」

工位 武治 (大阪市立大学大学院理学研究科・教授)
「新しい電子 - 核磁気共鳴分光法の開拓と分子スピニクスの創生」

SEST奨励賞

河合 明雄 (東京工業大学大学院理工学研究科・助手)
「時間分解ESR法を用いた光励起分子 - ラジカル間相互作用や電子スピン分極発生機構の研究」

櫻井 敬博 (神戸大学研究基盤センター・助手)
「多重極限下におけるESRシステムの開発と低次元磁性体への応用」

SEST優秀発表賞

木俣 基 (神戸大学)
「パルス強磁場ESRにおけるマイクロカンチレバーを用いた超高感度検出法の開発と応用」

西田 辰介 (大阪大学)
「溶媒和様式の制御におけるスピン中心移動:TTF導入型6-オキソフェナレノキシル安定中性ラジカルの電子構造」

水落 憲和 (筑波大学)
「CVDホモエピタキシャルダイヤモンドにおける水素の伴った炭素ダングリングボンドのESRによる研究」

大和 真由実 (九州大学)
「ニトロキシラジカルを用いた脂質ラジカル反応の解析」


平成15年(2003年)度

SEST学会賞

本河 光博 (東北大学名誉教授)
「サブミリ波ESRの開発とそれを用いた磁性体の研究」

米谷 隆 (Univ. Pennsylvania Medical Center 教授)
「ヘムタンパク質の構造-活性相関に関する分光学的・生化学的研究」

SEST奨励賞

生駒 忠昭 (東北大学多元研助手)
「ESR法による有機材料機能の分子論的研究」

平田 拓 (山形大学工学部助教授)
「生命科学研究のための電子スピン共鳴分光装置の開発」

米村 弘明 (九州大学工学研究院助教授)
「光誘起電子移動反応及び光電極反応の磁場制御」